文字サイズ 中 大 特    カラー 反転
資料請求はこちら日本尊厳死協会本部事務局
9:30-17:00(土日祝休)map
03-3818-6563
正しく表示されない方はこちらへ

03-3818-6563資料請求はこちら
正しく表示されない方はこちらへ
メニュー
ホーム » コラム » リビング・ウイル » LW時代(4)
リビング・ウイル

リビング・ウイル


2016.08.08

LW時代(4)

LWの神髄は考える、話し合う

 一般財団法人日本尊厳死協会
理事 白井 正夫

 

先日、東京・永田町の国会議員会館で「リビングウイルの日米事情」シンポジウムがあった。終末期医療の諸制度が整う米国事例の発表に対し、日本側の発表は独自のLWを発行する信州の小さなまちの事例だった。発表前、壮大な合衆国と小さなまちでは比べようもないと思ったのは、どうも私の心得違いだった。

終末期医療について法律一つない日本でも最近、自治体発行のリビングウイル(LW、意思表明書)が見られるようになった。長野県北部の須高地域医療福祉協議会(須坂市、小布施町、高山村)が発行する『終末期医療・ケアについての生前の意思表明』もその一つである。

LWを発行した信州の小さなまち

3市町村合わせて人口約7万人で、高齢化率30%超。ごく普通の山村風景が浮かぶが、中心の須坂市は戦後の健康・信州を支えた「保健補導員」発祥の地で、県内17市で介護保険料が最も安いと聞くと、風景のイメージが変わる。

「在宅で看取りができる須高地域づくり」を掲げ、住民への啓発活動を丁寧につづけ、翌年、本人用のLWと家族、関係者用の『やすらかな看取りのために』(いずれもA4版)を発行した。

LWの内容は「延命のための人工呼吸器」「胃ろうによる栄養補給」などを希望する、希望しないを表明するごくありふれたスタイル。常に持ち歩けるよう携帯カード付きである。LWは3市町村の庁舎、公共施設、医療機関などに置かれ、住民が自由に手にすることができる。これまでに1700部が配布された。

こうした説明があると、その成果を聞きたくなるのは人間の常だ。これまで何人がLWに記入し、何人が希望通りの最期を迎えたのですか?

  成果主義ではなく地域の文化育む

樽井さんの答えが、小さなまちの心意気を表していた。「大切なのは、死をタブー視しないで、元気なときから『自分の最期を考える文化を育む』ことなのです」と。LWは〝考える地域文化〟の創造だから、LW記入者が〇人、亡くなった人が〇人という数字の答えはなかった。 LW文化論は、LWの表紙や中ページの作りにも表れていた。こうした文書になると、経費節減から職員が制作を担当し、文字だけが並ぶ公文書調になりがち。地域協議会は、費用をかけて本職のデザイナーに作らせた。これも文化である。

カラフルな表紙は、雛鳥を引き連れた親鳥のかわいらしいイラスト。リビングウイルのタイトルのほかに上に小さく「ハッピーエンド計画 もしものとき笑顔でいられるために」のキャッチコピーがひときわ目立つ。ご家族、関係者用の「看取りパンフ」も、落ち着いたカラーのデザインで、これなら「死」と敬遠せずに、気軽に手にできる作りだと思った。

国会議員の質問に答え、樽井さんは「LWを一つのツールとして、最期の迎え方について家族とよく話し合うきっかけになってくれれば」と話した。家族構成や家族関係が変わってきたといえ、須高地域も「長男の嫁」が親を介護し、看護する家が多い。「わがまちのLW」で住民が自分の最期を考え、それをサポートするはずの家族と話し合えれば、こんなに心強いことはない。

私たちはともすれば成果主義に陥りやすい。でも大事なのは「そのLWで何人が希望通り亡くなったのか」ではない。「小さなまち」のあちこちに置かれているLWが〝LWの神髄〟を教えてくれている。

一覧に戻る

あなたもコラムを投稿しませんか?

「命と向き合って」という幅の広いテーマです。 親の最期やパートナーを看取ったなどの経験だけでなく、健やかに生きていくために見据えた自分の終末期のことでも構いません。
エピソードもまじえて具体的にお書きください。
400字詰め原稿用紙2枚(800字)以内(手書きでも構いません)。氏名、住所、電話番号、携帯番号 (あればメールアドレス)を明記の上、下記までメール、FAXまたは郵送でお寄せください。
採用の場合は事前にお知らせいたしますが、不採用の場合は連絡をいたしません。なお、著作権は当協会に帰属します。 会報や出版物へ転載させていただくこともありますので、予めご了承ください。

送付先
〒113-0033 東京都文京区本郷2-27-8 太陽館ビル501
日本尊厳死協会 コラム『命と向き合って』係
E-mail info@songenshi-kyokai.com
FAX:03-3818-6562
クリックするとページのトップに戻ります
サイトマップ
サイトマップ