文字サイズ 中 大 特    カラー 反転
資料請求はこちら日本尊厳死協会本部事務局
9:30-17:00(土日祝休)map
03-3818-6563
正しく表示されない方はこちらへ

03-3818-6563資料請求はこちら
正しく表示されない方はこちらへ
メニュー
あなたは、自分の最期について、考えたことがありますか?

「リビングウイル」とは

回復の見込みがなく、すぐにでも命の灯が消え去ろうとしているときでも、現代の医療は、あなたを生かし続けることが可能です。人工呼吸器をつけて体内に酸素を送り込み、胃に穴をあける胃ろうを装着して栄養を摂取させます。ひとたびこれらの延命措置を始めたら、はずすことは容易ではありません。生命維持装置をはずせば死に至ることが明らかですから、医師がはずしたがらないのです。

「あらゆる手段を使って生きたい」と思っている多くの方々の意思も、尊重されるべきことです。一方、チューブや機械につながれて、なお辛い闘病を強いられ、「回復の見込みがないのなら、安らかにその時を迎えたい」と思っている方々も多数いらっしゃいます。「平穏死」「自然死」を望む方々が、自分の意思を元気なうちに記しておく。それがリビングウイル(LW)です。

尊厳死の宣言書

LWは、「生前意思」とでも訳せばいいのでしょうか。いわば「いのちの遺言状」です。私たちは「尊厳死の宣言書」と呼んでいます。「自分の命が不治かつ末期であれば、延命措置を施さないでほしい」と宣言し、記しておくのです。延命措置を控えてもらい、苦痛を取り除く緩和に重点を置いた医療に最善を尽くしてもらう。私たちは、こうした安らかな最後を迎えたい方々のためにLWを発行し、支援しています。

宣言書はA4版1枚の用紙に記されています。入会と同時に原本証明付のコピー2枚をお送りいたします。ご自分が意識を失ったとき、ないし判断がつかない状態に陥った時でも家族がその意思を生かせるように、身近な親族や友人に配ることをお勧めします。

もし、宣言書が意に沿わなくなった場合、いつでも退会することができます。その場合、宣言書を配った親族や友人に対しても、これを取り消した旨の連絡をされることをお勧めします。

「尊厳死」と「安楽死」の違いは?

死期が迫っている患者に耐え難い肉体的苦痛があり、患者が「早く逝かせてほしい」との意思を持っていることが明らかな場合でも、医師が積極的な医療行為で患者を死なせることを安楽死と呼びます。延命措置を行わないこととは、明らかに異なりますし、日本では患者を安楽死させた事件では、いずれも医師の有罪判決が確定しています。欧米などでは、この安楽死を合法的に認めている国・州がありますが、日本尊厳死協会は安楽死を支持していません。

延命措置とは

LWに書かれている「延命措置」とは、回復の見込みがないと診断された患者で、かつ死期が近づいているにもかかわらず、人工呼吸器や透析、胃ろうなどによって生命を維持するための措置です。意識があっても人工呼吸器を着けていれば話すことができませんし、原疾患による苦痛とも闘わねばなりません。

苦痛を和らげる緩和医療

延命措置を断っても、痛みや呼吸の苦しさを緩和するための医療行為は必要です。延命措置は断っても、これらの緩和医療は積極的に行ってもらうことが、安らかな最後を迎えるための必須の条件だとも考えられます。LWの2番目の項目に、この緩和医療が盛り込まれているのは、そのためです。最近は麻薬の使い方も研究され、痛みからも解放される治療が進んできています。

十分に納得したうえで入会手続きを

日本尊厳死協会に入会したい場合は、電話かファクス、あるいは「資料請求フォーム」から、住所、氏名を明記のうえ、パンフレットを請求してください。ご夫婦で入会される場合は、宣言書がそれぞれ必要です。何部でも無料でお送りします。パンフレットに書かれている説明を熟読のうえで決めてください。大切なのは、家族の皆さんと相談したり、友人と話し合ったりして、納得したうえで入会していただくことです。わからないことがあれば、お気軽に電話でもファクスでもお問い合わせください。

入会登録すると、「尊厳死の宣言書」を協会で保管します。そのコピー2部と会員証をお送りしますので、会員証は健康保険証などとともに財布などに入れて持ち歩いてください。宣言書のコピーは家族か親しい友人に渡してください。
会員には年4回、会報「リビング・ウイル」をお送りいたします。LWに理解のある受容協力医師をお知らせできるほか、医療相談の窓口もございますので、お気軽にお電話ください。

資料のご請求

協会本部事務局

9:30-17:00(土日祝休)

電話03-3818-6563 Fax:03-3818-6562


クリックするとページのトップに戻ります
サイトマップ
サイトマップ