資料請求はこちら日本尊厳死協会本部事務局
9:30-17:00(土日祝休)map
03-3818-6563
正しく表示されない方はこちらへ

03-3818-6563資料請求はこちら
正しく表示されない方はこちらへ
メニュー

ご挨拶

今日、めざましい医学の進歩によって終末期の人たちの延命をすることが可能になってきました。それは、平均余命の延長という一見望ましい結果を人類に与えているかに見えます。
しかし、その一方では、死が患者の望む時に訪れるものではなくなり、病苦にさいなまれる期間がいたずらに引き延ばされる結果しか生まなくなったという負の面が生じていることも否定できないであろう。
こうした状況に対し、患者たちは苦痛でしかない。生命のみを目的とした治療の中止や中断を求めるようになってきました。
さらには、いかなる医学的手段をもってしても苦痛が抑えられないときには、自らの命を断つよう医師に要求をするようになってきました。
このように、医学の進歩とともに、尊厳死の要求が生じるようになってきたのです。
そこで尊厳死とは何かを考えてみます。
生前、人工的には延命したくない。という人々が自分の考えを一つの形として尊厳死(「リビング・ウイル」)生前の遺言に、延命治療を放棄することを意思表示(人権行使)して、ごく自然の死を選択することを尊厳死と考えることができます。

皆様、お互いに勇気を持ち、自分の考えを自分の言葉で主張してみてはいかがですか?

疑問な点がありますときには、北海道支部に気軽にお電話下さい。お待ちしています。

 




リビング・ウイル受容協力医師リスト
患者の想いを尊重する「リビング・ウイル受容協力医師リスト」はこちらから

ご案内
イベント案内
活動報告
クリックするとページのトップに戻ります
サイトマップ
サイトマップ
一般財団法人 日本尊厳死協会 北海道支部
〒060-0807 北海道札幌市北区北7条西2丁目6番地 37山京ビル801
TEL:0011-736-0290