資料請求はこちら日本尊厳死協会本部事務局
9:30-17:00(土日祝休)map
03-3818-6563
正しく表示されない方はこちらへ

03-3818-6563資料請求はこちら
正しく表示されない方はこちらへ
メニュー
HOME » 地区懇話会

地区懇話会


石狩南部地域懇話会
会長 落野 章一
 本会は千歳を中心に恵庭や胆振・空知地方の人も参加しています。平成12年からの歴史で、会員は現在69名です。尊厳死を学習し、協会員を増強すること、会員相互の研鑽と親睦を目指しています。
 ここ数年は以下のような活動です。
 1回目の研修会(H27年までは夏開催を、H28年より春開催に変更)は、尊厳死とその周辺にある、医療・看取り・介護の問題について、時にはアドバイザーを交えますが、基本的には会員一人一人の日常生活と体験から自由に懇談します。
 2回目の研修会(H27年までは冬開催を、H28年より秋開催に変更)では、大学教授・医師・弁護士・看護師などの専門家に医療や福祉をテーマに講演していただき、質疑します。
 もう一つの行事は、秋の視察研修として日帰り施設見学等を行っています。医療・介護・福祉の施設を見学し、バスの中では歓談等で懇親します。
 ささやかな活動ではありますが、自分の目線で尊厳死を考えるきっかけになればと考えています。
 本会は千歳市社会福祉協議会の所属団体として、地域に貢献しています。
 入会または行事への参加等のお問い合わせは、北海道支部事務局(電話:011-736-0290)にご連絡ください。
 
函館地区懇話会
会長 池田 廣平
 函館地区懇話会設立の経緯は、行きつけの居酒屋で偶然出会った佐藤さん(初代会長)といろいろな話題の中で互いに日本尊厳死協会の会員であることを知った。
 このような所で会員と会えるとは、入会のきっかけや協会の歴史など日本尊厳死協会について話し込む。
 「ところで」と佐藤さん。「函館地区懇話会を立ち上げないか?」と持ち掛けられ、協力して作業を進めることとし、北海道支部の助言を得ながら連絡の取れる会員を探し、平成14年8月23日函館市総合福祉センターで第1回会議を参加者13名で開きました。
 同年11月24日北海道新聞社大ホールで日本尊厳死協会北海道支部主催の講演会が開催され、懇話会結成と共に新聞に報道され会員増加に貢献しました。(2016年4月末現在の会員93名)
 現在は、春の講演会・おしゃべり広場・秋の学習会(施設見学等)と会の啓発啓蒙と会員相互の親睦を深める活動をしています。
 入会または行事への参加等のお問い合わせは、北海道支部(電話:011-736-0290)にご連絡ください。
 
北広島地区懇話会
会長 篠塚 幸雄
 緑多き静かな街、北広島市は人口約6万人、会員は約150人「約400人に1人の尊厳死協会の会員」全国的にもリビングウイルの理解が高い街の1つであります。
 現在、主たる年間行事は講演会を年2回、春(5月頃)、秋(10月頃)に開催、要請により意見交換会も行っております。広報は、市の広報誌「北広島」、会報リビングウイル、地元紙 北海道新聞、ひだまり、ポスターを(JR北広島駅構内・図書館等)に掲載・掲示しております。
 おいでください北広島へ。東洋経済新聞社の住み良きランキング2015年において、北広島市は道内35市中、第1位になりました。安心度、利便度、快適度、富裕度、住居充実度の5つの視点からランク付けされたものです。北広島市は、特に利便度、快適度、住居充実度において、特に高い順位になりました。
 また、子供と高齢者と対話する機会が市を中心に行われていることは、高齢者の皆様が満足と充実の日々を過ごしていることと思います。
 多くの人々が健やかに生き、安らかな最期を迎えるために、私たち北広島地区懇話会は当協会への入会手続き及び意見交換会等のお話があります時はぜひ北海道支部事務局(電話:011-736-0290)までご連絡ください。
 お待ち申し上げております。
 
旭川地区懇話会
会長 柴田 久枝
平成16年11月1日柴田笑子氏(前会長、現顧問)により旭川地区懇話会を設立し、12年目を迎えます。
 旭川地区懇話会では、有志でぴんころ劇団を立ち上げ、シナリオも会で作り、5年間出前講座等で尊厳死普及活動を行ってまいりました。
 会員は100名前後ですが、みんな高齢となりましたが、年4回のおしゃべりサロンには、尊厳死ということに大変興味を持ち、参加者も多くなっております。また、会報も年4回発行し、尊厳死関連情報等を皆様に情報提供をするとともに、会員の方々の趣味を通し、絵手紙、俳句、料理等を掲載し楽しんで読んでいただけるよう作成しております。
 懇話会への行事参加、お問い合わせ等は、北海道支部事務局(電話:011-736-0290)までご連絡ください。
 
帯広とかち地区懇話会
会長 栂安 秀樹(つがやす ひでき)
 前鎌田会長によって、12年前に帯広とかち地区懇話会設立の準備を進めて以来、年2回定期講演会を開催してまいりました。
 さらに、多くの方々のご支援をいただいて「出前講座」の機会も設けさせていただきました。
 このたび私が、前鎌田会長より会長職を引き継ぐにあたり、私のライフワークである「経管栄養に頼らず生涯口から食べるために」を基本とし、健康寿命を全うすべく様々な職種、年代の人たちとの交流を交えて、尊厳死の意味を考えていきたいと思っております
。  講演会は年2回帯広市で開催しております。
 開催のご案内は、新聞への掲載、広報誌、会員様へのハガキなどでも行っています。
 ここ数年は横ばい状態の会員数につきましても、新たな会員を増やすため、新しい取り組みにも積極的に取り組んでいきたいと思います。
 懇話会へのお問い合わせは、北海道支部事務局(電話:011-736-0290)までご連絡ください。
リビング・ウイル受容協力医師リスト
患者の想いを尊重する「リビング・ウイル受容協力医師リスト」はこちらから

ご案内
イベント案内
活動報告
クリックするとページのトップに戻ります
サイトマップ
サイトマップ
一般財団法人 日本尊厳死協会 北海道支部
〒060-0807 北海道札幌市北区北7条西2丁目6番地 37山京ビル801
TEL:0011-736-0290